トップクラスのマスタリングエンジニア達からのアドバイス

ケビン・バートレイ(モータヘッドフランク・シナトラザ・ディセンバリスツなどを担当)

– ミックスでよく見るよくある問題は何ですか?

「一般的にキックドラムとバスドラムがしっかり分かれていません。これはとてもやりにくくします。ボーカルとハイハットにも同じ問題がみられます。音質的に楽器が十分に区切られてミックスされていないと、これらの範囲は区切るのが難しいです。あとはディエッサーの使いすぎも多くみられます。これは修正不可能です。」

– 最後にアドバイスを

「自分の耳を使い、直感に従って下さい。それぞれの曲を別々に扱う事。他の曲でやった事を全て別の曲に当てはめようとしてはだめです。ユニークな性質を失ってしまいます。」

次のページ:ミキシングとマスタリングの境界線を作る事が大事

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on Pinterest