子供も楽しめる映画音楽 ジョン・ウィリアムズ コンサート

ロサンゼルスの野外音楽堂、ハリウッド・ボウルで映画音楽界の巨匠、ジョン・ウィリアムズのコンサート『Maestro of the Movies』が今年も行われました。

前半は12歳のジョン・ウィリアムズに初めてオーケストラの指揮をとらせたというハイウッド界の大作曲家、アルフレッド・ニューマンの息子、デヴィッド・ニューマンが『サブリナ』『ゴットファーザー』『スター・トレック』『ミッション・インポッシブル』など、有名映画からの楽曲を演奏。

ジョン・ウィリアムズは、今年に公開された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』からの楽曲を中心に、子供も魅了するオーケストラサウンドでを3回のアンコールに応え、『スーパーマン』、『E.T.』など自身の有名曲の数々を披露してくれました。

MCの際、最近スターウォーズの次回作の楽曲についてディズニーから依頼を受け、”『考えておきます』と言えたが、『他に誰がやる』と思い引き受けた”と、次回作も音楽を担当する事を発表していました。

大きなスクリーンに映る映画のショットと共に聞く生演奏は迫力満載にもかかわらず、子供の耳にも優しく、子供の感性を響す素晴らしいコンサートでした。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on Pinterest