残暑に合うしっとり聞きやすいラテン・ジャズプレイリスト

Latin Jazz Playlist

まだ暑さの残る今の時期は、夏の弾けさを残しつつも秋に向けて落ち着いた雰囲気を持つラテンジャズが合う気がします。ラテンジャズのパイオニア、カル・ジェイダー(Cal Tjader)のビブラフォンは残りのバケーションやブレイクタイムなどほっとしたい時に和ませてくれ、ラテンチューンの定番『Oye Como Va』を代表作とするティト・プエンテ(Tito Puente)の楽曲は程よいラテンバイブで心を躍らせてくれます。大御所コンガ奏者ポンチョ・サンチェス(Poncho Sanchez)はサルサからR&Bファンにもおすすめで、ティト・プエンテやカル・ジェイダーとも共演経験のあるキューバ出身のコンガ奏者モンゴ・サンタマリア(Mongo Santamaria)、そしてモダンジャズカルレットとして活躍したミルト・ジャクソン(Milt Jackson)のビブラフォンジャズも一押しです。
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on Pinterest