アメリカ人ギタリストから聞くファンクギター上達法

– これからファンクスタイルを習得したい人にアドバイスを。

ファンクの演奏を学ぶのにまず一番大切なことは、リズムギターに慣れておく事と、ギターを演奏するのにリードソロは最低限だという事を認識しておく事だと思います。スケールやアルペジオの練習より、リズムチョップに打ち込むことです。そして最も重要な事、ドラマーと一緒に演奏する事。ドラマーがいなければドラムマシーンなどに合わせて練習し、ファンクギターの大事な役割 – 演奏の中に”入る”練習をし学ぶ事が大事です。グルーブの中に入って、常に弾いているのではなく”スペース”を学んでみてください。

ファンクギターは、どうその”スペース”を残し、ごちゃごちゃさせずグルーブを出すかが一番のキーです。ベースプレーヤーに聞かせ、ドラムビートに”呼吸”をさせる時間を与える。ギターが常に忙しく前に出た曲にするのではなく、他のメンバーが賞賛するようなギターパートを弾いてみてください。

何よりも、古いものから新しいものまで、他のファンクプレーヤーの演奏を聞き続けてください。練習し続け、新しいリズムを創作し、学ぶ事を止めないように!

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on Pinterest