ライオネル・リッチーやブリトニース・スピアーズなどトップアーティストのツアーギタリスト、ベン・マウロのソロミニアルバムが発売

ニューヨーク出身のシンガー、ギタリスト、シンガーソングライターで、現在ライオネル・リッチーと共にツアーに回っているベン・マウロ(Ben Mauro)の2作目のソロ作品『Take Your Time』が発売された。

幼少時代レッド・ツェッペリンの楽曲をきっかけに演奏・作曲活動を開始し、大学でクラシックギターを学んだ後、様々なジャンルのアーティストと共演。ジミ・ヘンドリックスが発掘された事で有名なニューヨーク、グリニッジ・ヴィレッジの老舗ライブハウスCafe Wha?でレギュラー出演を果たす中、その実力が多くのアーティストの中で口コミが広がり、ライオネル・リッチーのバンドメンバーとして起用され、拠点をロサンゼルスに移す。ワールドツアーに参加しながら、ケリー・クラークソンのテレビショーやブリトニー・スピアーズのツアー、イーグルスドン・フェルダーの日本公演にも参加した人気実力派ギタリストである。

そんな彼のファーストミニアルバム『Happily Ever』は2012年にリリースされ、ソロアーティストとしての実力を発揮した。グラミー受賞プロデューサー・エンジニア、テッド・グリーンバーグと共にレコーディング、ミキシングを行い、ジョージ・ベンソンのドラマーでもあるオスカー・シートンなどワールドクラスのアーティストが参加している。

今年秋に発売予定のアルバムを控え、日本公演を含んだワールドツアーを望んでいる。

公式サイト
iTunes でのダウンロード購入amzon.co.jpでこのCDを買う

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on Pinterest