ミネソタのジャズ、R&B、ファンク サクソフォーン奏者 ダニー・キューズ セクシーでファンキーなニューアルバムをリリース

アメリカ、ミネソタ州出身のジャズ、R&B、ファンク サクソフォーン奏者、ダニー・キューズDanny Kusz)のニューアルバム「SEXY.FUNK::VELVET.JAZZ.」が発売された。

デイヴィッド・サンボーンのキーボーディスト、リッキー・ピーターソンと共にデビューEP “Lost In The Groove“をリリースし、L.A. ミュージックアワードの”ベスト・ジャズ・シングル”、”ベスト・ニュージャズ・アーティスト”など多くの賞を受賞。後数年自身の活動は停止し、各分野のトップアーティストのサイドマンとして活躍していたキューズの新作「SEXY.FUNK::VELVET.JAZZ.」はプロデューサー、アローン・コスグローヴ(ポップ/R&B/ロックバンド、ザ・ニュー・コスグローヴのフロントマン)の元、ソウルフルなスムースジャズから、ファンクバラードまで、今までの許容を超えたパワフルな楽曲と興味をそそるアルバムタイトル・ジャケットでフレッシュなダニー・キューズを味わえる作品となった。

ここ数年、幾度とザ・ニュー・コスグローヴと共演する事で、アローン・コスグローヴとバンドのキーボーディスト、ルス・キングはキューズのフレッシュで若々しいアーバンジャズ/ファンクを表現するのに完璧だと察知。そこからこの13曲収録のニューアルバムが完成した。アローン・コスグローヴに関してクーズは”作曲・制作においては常に音楽の天才さを感じ、傑出した今までとは違うサウンドを創り出すため、彼といつか共作としたいと思っていた。”と語る。コスグローヴが送るグルーブあるトラックとシンセパートにのせるメロディーの作曲過程を楽しみ、”僕の居心地のいい範囲から引き上げ、プレーヤー、コンポーザーとして刺激してくれる独特なサウンドに深く追求、取りかかれるよう僕を開かせてくれた”と振り返る。”仕上がりはとても気に入っている。そしてタイトルは全ての要素を楽しく、聞かせられるようにうまくとらえていると思う。活動を再開し、自身の名前でまた演奏できるのをとても楽しみにしているよ。自分の音楽を聴きにきている人の為にステージに立ち演奏するほどいいことはないからね。”

ダイナミックで新しいバイブを取り入れたアルバム「SEXY.FUNK::VELVET.JAZZ.」は、彼の過去・現在の音楽を知るのにベストな一枚となっている。

SEXY.FUNK::VELVET.JAZZ.
発売日:2014年3月21日
トラックリスト
1. Sexy Sax M.F.
2. Velvet.love Girl
3. When We First Met
4. Nice & Slow
5. Perfect Score
6. Life
7. Beatnik Boogie
8. Sax Voyage
9. Incredible
10. Makin‘ You Hot
11. Sexy.Funk
12. Still Lost in the Groove
13. Magical Love Song

公式サイト

iTunes でのダウンロード購入amzon.co.jpでこのCDを買う

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on Pinterest