ファンキーなジャズバイオリニストによるプロジェクト Da Phatfunk Clique

ダレル・ルーニー Da Phatfunk Clique Darrell Looney

バイオリニスト、ダレル・ルーニーによるプロジェクトDa Phatfunk Cliqueは90年代からファンク、モダンジャズ、ヒップホップ、ラテン・カリビアンなどのスタイルをベースとした楽曲を制作し、ニューヨークを拠点にローカルミュージシャンと活動されています。

ファーストアルバム『Pandemic Love』を始め、『Audiophile Advisory』、『Da G Groove Project』のCDと2枚のライブDVD『Funk Violin Live!』、 『Funk Violin From NYC 2 』をリリースし、ニューヨークからアメリカ中西部までツアー、パフォーマンスを行っています。

ファンキーなジャズ、そしてアンビエントなサウンドが特長の彼らの楽曲は、聞き心地がよく、バイオリンの音色が更にスムース且つ印象ある音楽を創り、様々な場面で聞けるミュージックです。

来月4月、ニューリリースを予定しているとの事で、今後の活動にも注目です。

Da Phatfunk Clique
公式サイト 
フェイスブック
ツイッター

iTunes でのダウンロード購入

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on Pinterest