セイント・サミュエルのニューアルバム『CARROUSEL』

カナダ、モントリオールで活躍するエレクトロアーティスト、セイント・サミュエル(Saint-Samuel)のニューアルバム『CARROUSEL』が発売。前作の『VAISSEAUX』はフランス語の歌詞を中心としたフレンチエレクトロアルバムだったが、今回はシンセウェーブのインストルメンタルアルバムとなっている。製作に約1年の年月を費やし、生の楽器を使いながらTascamのマルチトラックからカセットテープでミックスし、昔のビデオテープをイメージしながら、クラシックさと新しさがうまくマッチした作品に仕上がった。B級映画のサウンドトラックらしい楽曲は、ジャン・ミッシェル・ジャール、タンジェリン・ドリーム、クラフトワーク、イエロー・マジック・オーケストラなどを好むプロジェクトのプロデューサー、ステファン・リチャードらしいサウンドである。9曲収録の今作はステファンのホームスタジオStudio Aderでレコーディングされ、Bandcamp, iTunes, Amazon等のデジタルの他、カセットテープでの販売も行われ、アナログファンにはチェックしたい作品だ。

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedInPin on Pinterest